宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第32回『激闘!「松山記念競輪」を振り返って  編』

 競輪ファンの皆さま、こんにちは。季節の移り変わりは早いもので桜が散ったかと思えば、日差しが強くなり汗ばむ陽気が続く季節がやってきました。ここ数年の夏は猛暑が続き今年も厳しい暑さが予想されますが、暑さの苦手なもっくんとしては優しい夏になって欲しいものです。

 先月の熊本・大分を中心とする地震の発生により、数多くの命が奪われ、また被災された方々が避難生活を強いられている現状をテレビや新聞で見聞きするといたたまれない気持ちになります。

 被災された方々はこれから生活を取り戻すために大変な努力が必要となってくるでしょう。ボランティアの皆様もそのお手伝いをしたいとの思いからたくさん集まっていると聞いております。競輪からも復興のお手伝いが出来ることを願って止みません。

金亀杯争覇戦を振り返って

 3月26日を初日に松山競輪開設66周年記念金亀杯争覇戦が開催されました。S級S班4名を中心に輪界トップ選手と地元愛媛支部から8名の選手が参加して4日間の激闘でした。 優勝は2015年GP王者浅井康太選手(90期・三重)しかも完全優勝(連日1着)です。

 連日後方からの見事な捲りはファンからするとゾクゾクする競輪の醍醐味を感じる瞬間になったことでしょう。2着はこれまたファンを魅了する走りを存分に見せてくれた村上義弘選手(73期・京都)ゴール前の浅井選手とのデットヒートは見応えがありました。山崎芳仁選手(88期・福島)平原康多選手(87期・埼玉)も決勝戦に乗り、さすがS級S班!勝負強さを瀬戸風バンクで見せてくれました。

 地元愛媛支部からは8名が出場しました。S級1班からは、濱田浩司選手(81期)、渡部哲男選手(84期)、橋本強選手(89期)の3名、S級2班からは上田学選手(69期)、小川祐司選手(96期)、高市訓但選手(97期)、日野博幸選手(103期)の4名。そして2日目からの補充で溪飛雄馬選手(86期)です。残念ながら決勝戦へは進むことが出来ませんでしたが、準決勝戦で戦ったS級1班の3選手の走りは勝負にこだわる「これぞプロ!」と思わせる気迫のこもったレースでした。スタンドから声援を送っていた地元ファンにもその気持ちは十分に伝わったことでしょう。やっぱり競輪はスタンドでレースを観戦するのが一番だなぁ~と思わせてくれる4日間でした。

今後も瀬戸風ドリームナイトレースでお楽しみください

松山競輪の今後の開催予定は
5月11日(水)~13日(金)FⅡ 日本ベンダーネット杯争奪戦 ガールズケイリンも開催
6月12日(日)~14日(火)FⅠ ジャパンカップ・第9回伊藤豊明杯・デイリースポーツ杯争奪戦(昼間開催)
6月26日(日)~28日(火)FⅡ 第6回四国東通杯争奪戦
7月19日(火)~21日(木)FⅡ チャリロト杯争奪戦
8月18日(木)~20日(土)FⅠ 発刊50周年記念九州スポーツ杯争奪戦
9月11日(日)~13日(火)FⅠスポーツ報知杯争奪戦 ガールズケイリンも開催

 ガールズケイリンの開催では、ガールズ選手の特別選手紹介やインタビューなども行われ一味違った開催になりますので、ぜひご来場いただき瀬戸風ドリームナイトレースを楽しんでもらいたいと思います。

 また6月12日~14日開催 FⅠジャパンカップ・第9回伊藤豊明杯・デイリースポーツ杯争奪戦は昼間開催でS級選手たちが熱いレースを繰り広げます。場内におきましても様々なイベントを現在検討中でレースでもイベントでも楽しめる開催となりますので、この機会にぜひ競輪場へ足を運んで、間近で競輪の迫力を肌で実感していただきたいと思います。

 日がどんどん長くなるこれからの季節。仕事帰りに、夕涼みがてらに、どうぞ瀬戸風ドリームナイトレースで夏の暑さ以上に熱くなってください^^