宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第24回 『もうすぐ記念競輪編』

 競輪ファンの皆さま、こんにちは。いよいよ松山の年に1度のビッグレース・開設記念競輪(3月6日~9日)が迫ってまいりました。昨年度は全日本選抜競輪(GⅠ)が開催されたため、2年ぶりの開催となります。期間中はご家族で楽しめるイベントを数多くご用意しておりますので、お気軽に瀬戸風バンクにご来場ください。今回は、この記念競輪ともっくんお勧めの観光地などについて、よもよもお話したいと思います。

待ちに待った記念競輪。深谷知広選手も参戦!

 いよいよ3月6日~9日に松山競輪開設64周年記念「金亀杯(きんきはい)争覇戦」が開催されます。昨年は全日本選抜競輪が行われたので、記念競輪としては2年ぶりの開催となります。松山競輪が昭和25年に、四国で初めて、また全国では11番目に開設されてから64周年を迎えるんですね。一競輪ファンとして感慨深いものがあり、今からワクワクしています。

 さて、今回の出場選手ですが、深谷知広選手(愛知・96期)、新田祐大選手(福島・90期)、成田和也選手(福島・88期)、後閑信一選手(東京・65期)のS級S班4名をはじめ、川村晃司選手(京都・85期)、木暮安由選手(群馬・92期)、牛山貴広選手(茨城・92期)、勝瀬卓也選手(神奈川・84期)、上原龍選手(長野・95期)、昨年のヤンググランプリを制した猪俣康一選手(愛知・99期)など、そうそうたるメンバーが出場します。迎え撃つ地元勢ですが、渡部哲男選手(愛媛・84期)、濱田浩司選手(愛媛・81期)、橋本強選手(愛媛・89期)のS級1班を筆頭に、2班では大崎飛雄馬選手(愛媛・88期)、越智展孝選手(愛媛・88期)、小川祐司選手(愛媛・96期)の総勢6名が参戦します。特に2班の地元勢には今回大いに活躍して名を上げ、1班へのステップにしてほしいですね。目玉はやっぱり深谷選手ですよね。残念ながら高松の全日本選抜では決勝に進出できなかったのですが、最終日は2着に4車身差をつける圧倒的な強さを見せたので、期待が持てますね。彼は松山で優勝したこともありますし、瀬戸風バンクとの相性も抜群ですから。

 さらに今回の記念では、3日目の第12レースに第103回生ルーキーチャンピオンレースが行われるのですが、絶好のタイミングで“地元期待の大型新人”日野博幸選手が出場します。日野選手は1月の松山ナイター競輪で、地元初Vを完全優勝で果たすなど絶好調なので、ホント強敵揃いなんですが、S級昇級へのきっかけとなる走りをするとともに、やはりこのチャンスを生かし切って、ぜひ103回生の頂点に立ってほしいなと思います。

ご家族で楽しめるイベントも盛りだくさん♪

 記念競輪では“スマイリンリン♪ケイリンフェスタ”と題して、さまざまなイベントを企画しています。まず、ご当地グルメin松山競輪場と題して「今治焼豚玉子飯」「大三島ソースオムそば」など今話題のB級グルメを競輪場で味わえます。また、女性専用ガイダンスコーナーも設置されます。全日本選抜の時は僕もガイダンスを担当したのですが、女性のお客様がひっきりなしに来場して大盛況でした。1着当てゲームのような気軽に参加できるイベントも行われますので、女性の皆さまぜひ遠慮なくお立ち寄りください。8日は「ガリガリガリクソン」によるお笑いライブショーや、ご当地農業アイドル「愛の葉(えのは)ガールズ」によるライブショー、そして、9日にはお子様に大人気の「仮面ライダー鎧武/ガイムショー」と、ご家族で楽しめるイベントが盛りだくさんですので、お気軽に遊びに来てください。

 もちろん、競輪ファンの皆さんにとっても楽しめる、山口幸二さんや佐々木昭彦さんのトークショー・予想会や、レアなお宝が手に入る地元競輪選手会によるチャリティオークションなども行われます。なお、イベントやファンサービスの詳細は、松山けいりんのHPやパンフレットをご覧になってください。

道後温泉などで温かく“お・も・て・な・し”

 松山の観光地と言えば何と言っても道後温泉ですよね。道後温泉本館は4月に、現在の姿に改築されてから120周年という節目を迎えるのですが、「道後オンセナート」と題した、本館やその周辺をいろんな芸術で表現するアートフェスティバルが4月から年末まで開催されます。先行イベントとして、旅館やホテルの1室まるごとを著名なアーティストたちが手掛け、泊まれるアート作品群として大変注目されています。

 また、3月には瀬戸内海が国立公園の指定を受けてから80周年を迎えます。何かで読んだことがあるのですが、外国の方は「瀬戸内海の景色は世界に誇れるすばらしいものだ」と言っているらしいですね。島の数も相当多く、船もきれいで、しまなみ海道からの絶景も注目されていますので、島巡りもおススメですね。今治にある大三島(おおみしま)という島には、国宝級の甲冑が多数収められている大山祗(おおやまづみ)神社もあります。

 さらに四国八十八ヶ所霊場が、空海により開創されてから1,200年になります。東京五輪誘致のプレゼンで話題になり、流行語大賞にまでなった“お・も・て・な・し”ですが、お遍路さんのお接待の際にもよく使われる言葉で、四国が本家なんですよ。僕をはじめ、愛媛県民はみんな“お・も・て・な・し”の温かい心を持っていますので、ぜひ体感しに来てください(笑)。

 もちろん、日本3大連立式平山城の一つで、また現存12天守の一つでもある松山城もすごく立派なお城ですので、ぜひ立ち寄ってほしいスポットですね。「金亀杯」という記念のタイトルは、実はこの松山城(別名・金亀城)から取っているんですよ。

 最後に、もっくん的穴場スポットですが、宇和島にある「南楽園(なんらくえん)」なんかいいですね。自然公園でさまざまな花や植物が楽しめます。愛媛は海の幸、山の幸とも豊富なので、来て損はしないと思います。宇和海や瀬戸内海では釣りも楽しめます。僕も釣りが好きで、遊漁船で松山の中島や二神島に行ったこともあるんです。記念競輪にお越しの際は、ぜひたくさんの観光地も楽しんでほしいですね。全国からの大勢のファンの皆さんのご来場を心よりお待ちしております!