宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第20回 『記念すべき第20回編』

 競輪ファンの皆さん、お久しぶりでございます。新緑がまぶしく、さわやかな風が吹き抜ける季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか?こう見えても若い時は異性にモテモテだった“まぶしい男”もっくんです(笑)。このコーナーも何と今回で20回目になるんですねぇ。平成22年から始まったので今年で4年目になるんですが、これも日頃ご愛読いただいている皆さんのおかげです。これからもごひいきに、よろしくお願いします。記念すべき20回目ということで、コーナーの最後にはプレゼントも用意しましたので、皆さん奮ってご応募ください。

 さて、今回は2月に開催された全日本選抜競輪を振り返り、また5月下旬に開催される松山で3度目のガールズケイリン等について、よもよもお話したいと思います。

AS以来のGⅠ開催に盛り上がった全日本選抜

 平成21年のオールスター競輪以来、松山では久しぶりに行われた2度目のGⅠ戦ということもあり、全日本選抜は大変な盛り上がりを見せましたね。初日は雪が舞ったんですが、2日目以降は天候にも恵まれ、お笑いライブやヒーローショーなどのイベントの効果もあり、場内外は大混雑でした。僕は4日間、早朝予想会と女性専用ガイダンスコーナーを担当したんですが、早朝にもかかわらず予想会ではたくさんの方が真剣に話を聞いてくれました。また、女性ガイダンスでは元副支部長の瀬形崇さんと一緒にしたのですが、親子連れをはじめ、カップル、OLなど予想以上にたくさんの方にお越しいただき、連日大にぎわいでした。最終日には、用意していたプレゼントが足りなくなるハプニングもあり、本当に驚きましたね(笑)。

 また、レースも非常に盛り上がりましたよね。決勝戦は武田豊樹選手の番手から平原康多選手が抜け出し優勝。アクシデントに巻き込まれる中、激しい追い上げを見せた深谷知広選手が2着、海老根恵太選手が3着に入りました。決勝戦は落車もあり激しいレースだったのですが、GⅠ戦士の戦いを間近で観戦できたのは貴重な経験でしたし、スタンドを埋め尽くした地元ファンもうれしかったんではないでしょうか。同時に僕にとっては新たな願望が生まれたんです、この瀬戸風バンクでグランプリを開催してほしいという(笑)。先日も26年度に初めて箱根の山を越えて、岸和田でグランプリが開催されることが決定し、大きなニュースになりました。一生に一度でいいのでグランプリを地方都市であるこの松山で見てみたいですね。

ぜひご参加を!4年目迎えた競輪コンシェルジュ

 さて、今年も『競輪コンシェルジュ』を瀬戸風バンクで開催します。はや4年目になるんですね。これまでも競輪をご覧になったことがない女性の方、瀬戸風バンクにお越しになったことがない女性の方など、20歳代から70歳代の幅広い世代の方を対象に、競輪の魅力を分かりやすくお伝えしてきました。普段入ることができない検車場や宿舎にも入れるため、参加してくださった方に大変喜ばれています。また、実際に車券の購入はしないのですが、1つのレースを選んで、1着当てゲームを毎回実施しているんです。自分が投票した選手がゴール前で飛び込んできたりすると、「がんばれー!」「いけー!」という歓声が起こり、これがとても盛り上がるんですよ(笑)。女性が対象ですが、同行する男性の方も参加できます。

 今年度の第1回はガールズケイリン開催中の5月25日なんですが現在、愛媛新聞の紙上や松山競輪のHPで募集していますので(〆切は5月17日)、お気軽にご応募ください!愛媛の現役選手のトークショーの時間もあるので、選手を身近に感じられますよ。

1回生と2回生が激突!松山ガールズケイリン第3弾!!

 5月25日(金)~27日(日)に行われる瀬戸風ドリームナイトレース「チャリロト杯争奪戦」は、ガールズケイリンを含んだ開催になります。瀬戸風バンクでは3回目になりますが、過去2回のレースではスタンドがGⅠ並みにぎっしり埋まった日もあり、大変な盛り上がりを見せる中、地元の松尾智佳選手が大健闘し、1回目は決勝2着という好成績を残してくれました。今回も松尾選手は出走しますので期待したいですね。

 また、今回はガールズ2回生(104回生)が6名参戦します。注目選手としては、在校成績2位の山原さくら選手(高知)、父親は何と現役の山原利秀選手というサラブレッドです。在校5位の梶田舞選手(栃木)も要注目です。トライアスロンから転向した筋金入りのアスリートなんです。あの加瀬加奈子選手(新潟)と同じ経歴ですよね。1回生(102回生)でも、昨年のガールズグランプリの覇者・小林莉子選手(東京)、松山で優勝した中山麗敏(リーミン)選手(神奈川)など、人気と実力を兼ね備えた選手が出走します。松尾選手がこの強敵たちを相手にどう立ち向かうかも見どころの一つです。ぜひ激闘を制し、瀬戸風バンクで初優勝を飾ってほしいですね!

 そして、エンターテイメント性に富んだガールズケイリンらしく、ユニホームが刷新されます。これまでもディスクホイールなど色鮮やかな自転車で見るものをとりこにしていますので、新しいユニホームに今からワクワクしています。2回生も加わり、ますます盛り上がるガールズケイリンを、ぜひ瀬戸風バンクにお越しいただき、生でご観戦ください。

“3強”を脅かすヒーローの出現を期待!

 とにかく今年も愛媛支部の選手には全員頑張ってほしいのですが、やはり最も期待するのはS級1班の渡部哲男選手でしょうか。今年は出だし好調で1月の玉野(FⅠ)、2月の別府(FⅠ)と優勝しています。その勢いで立川ダービーにも参戦しました。平成14年に渡部選手がヤンググランプリを獲得してから、既に10年が過ぎました。当時、祝勝会が行われ、僕が司会を務めたのでよく覚えているのですが、その潜在能力を爆発させて、GⅠ戦線でもう1度奮闘してもらいたいですね。また小川祐司選手にも期待していて、ケガを乗り越えて成長した姿を見せてほしいです。梶應弘樹支部長もS級を維持していますし、若手選手にはもう少し頑張ってもらいたいですね。

 僕は「村上義弘、武田豊樹、深谷知広」の“3強”を脅かすヒーローに早く出現してほしいんですが最近、一番注目しているのが、実は徳島の原田研太朗選手なんです。GⅢでも決勝戦に進出するなど今、四国で一番勢いがある選手だと思っています。先の共同通信社杯でもあの浅井康太選手と互角に渡りあったりと、日増しに力をつけてきている印象を受けます。四国には気っ風のいい先行選手が少ないので、原田選手の成長には大いに期待をしており、今の勢いで四国勢をグイグイ引っ張っていってほしいですね。

第20回記念“もっくんサイン入りクオカ”プレゼント!レアです(笑)

 冒頭でも少し触れましたが、このコーナーの第20回を記念して、もっくんファンの皆さんに(いるのかな?)、松山競輪オリジナルクオカードを20名様にプレゼントいたします。もちろん、もっくんのサイン入りですので(笑)、皆さんドシドシご応募ください。

※応募は終了しました。