宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第19回 『今年もよろしく&もうすぐ全日本選抜競輪編』

 皆さん、あけましておめでとうございます。旧年中は、このコラムをご愛読いただき、誠にありがとうございました。今年もご愛顧いただきますよう、よろしくお願いします。さて今年は巳年ですので、のらりくらりと過ごしていければいいなと思っているんですが(笑)、政権交代もありましたし、何かが変わる年になりそうな予感がしていて、何がどう変わるのか、社会や生活面の動きなどをしっかり見つめていきたいと思っています(少しマジメ過ぎましたかね。辞書でマジメを引くともっくんの顔写真が載っているといわれるぐらい??マジメなもっくんです(笑))。ですから、輪界でもさまざまな動きがあるのではないでしょうか。

 さて、今回はいよいよ間近に迫ってきた全日本選抜競輪の見どころ等を中心に、よもよもお話したいと思います。

健康で元気に楽しく過ごしたい

 冒頭でも少し触れましたが、今年は巳年ですよね。実は、僕はヘビが大の苦手でして、10aぐらいのヘビでも飛び上がるぐらい恐ろしいんです…(笑)。ところで僕は、昨年は足を骨折した影響で4月までギブス生活を余儀なくされるなど、大変不自由な思いをしましたので、まずはケガに気を付けて、また粗食に耐えて腹八分目で(笑)、健康で元気に楽しく生活していくことが今年の一番の目標です。健康でないと車券も買えませんしね(笑)。また瀬戸風バンクが出来て今年で9年目を迎えます。これまでも“瀬戸風バンク応援隊長”として、地元選手を番組内で応援してきましたが、伊藤豊明さんとのコンビで、これまで以上に瀬戸風ドリームナイトレースを盛り上げていければと思っています。

イベントも盛りだくさん!全日本選抜競輪にご来場を

 いよいよ待ちに待った『第28回読売新聞社杯全日本選抜競輪』が、2月8日から11日まで開催されます。松山でのビッグレースは今回で4回目になるのですが、振り返ってみますと、平成17年には共同通信社杯、21年にはオールスター、そして23年にはサマーナイトフェスティバルがありました。もうずっと昔になるんですが、僕は熊本で行われた第2回大会に行ったことがあるんですよ。お城といい、路面電車といい、松山と何となくですがロケーションが似ている気がしていて、不思議な縁を感じています。今回、僕が注目している選手ですが、やはりGP覇者の村上義弘選手の魂の走り、そして昨年のMVP・武田豊樹選手もGPを逃したので雪辱に燃えていますし、後半ケガに泣かされた深谷知広選手も巻き返してくるでしょう。また長塚・成田・浅井などのS級S班やグランドスラマーである神山雄一郎選手にも注目しています。神山選手はGPのタイトルのみ獲れていないですからね。また、この大会が今年初のGTになるので、今年のGT戦線の流れを占う上でも重要な一戦になるのは間違いありません。愛媛からも唯一、濱田浩司選手が出場します。愛媛から1人しか参加できないことと常連の渡部哲男選手が出場できないことが少し寂しいんですが、四国の選手8人がうまく連係すればチャンスも生まれてくると思うので、濱田選手の頑張りに期待したいですね。

 また、開催に合わせて松山競輪場ではたくさんのイベントをご用意していますが、ここでいくつか簡単に紹介させてもらいますね。まず、お笑いライブですが、9日(土)は銀シャリ、10日(日)は笑い飯、11日(月・祝)はハイキングウォーキングがやって来ます。加えて、お子様も大満足のヒーローショーもあります。9日はレッドヒーローショー、10日は特命戦隊ゴーバスターズショー、そして11日は仮面ライダーウィザード&フォーゼキャラクターショーと豪華3本立てです!食でも皆さんに満足してらえるよう、グルメ博を開催します。題して、えひめご当地グルメ博in松山競輪場です。B級グルメで全国3位に輝いた今治の焼豚玉子飯をはじめ、大三島ソースオムそばなどホットなグルメ10店舗を用意していますので、ぜひご家族・お友達と松山競輪場にお越しください。他にもたくさんのイベントをご用意しておりますので、松山競輪のホームページをチェックしてみてください。

地酒と瀬戸内の魚料理を満喫して

 最後に観光スポットなどのご紹介ですが、季節が冬ですので、やはりもっくんのオススメは“日本最古の温泉”道後温泉に浸かっていただき、地酒を飲みながら瀬戸内の魚を使った鍋や小魚料理に舌鼓を打っていただくコースですね。また、日本三大連立式平山城の松山城とそのお城の麓に位置し、秋山兄弟や正岡子規が主人公の司馬遼太郎さんの小説・坂の上の雲を軸としたまちづくりの中核施設である坂の上の雲ミュージアム。日本を代表する建築家・安藤忠雄氏の設計ですよね。このほか俳人・種田山頭火が晩年を過ごした一草庵や、夏目漱石と子規が共に暮らした下宿を復元した子規記念博物館内の愚陀佛庵にもぜひ足を運んでもらえればと思います。さらに、雪化粧をした名峰・石鎚山も日本百名山に数えられるだけあり見ごたえがあります。

 ぜひ、全国の皆さんには全日本選抜競輪を観戦に瀬戸風バンクにお越しいただき、“いで湯と城と文学のまち”松山のおいしい料理と観光スポットも満喫してもらえればと思いますね。