宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第14回『もうすぐ伊藤豊明杯編』

 皆さん、こんにちは。梅雨のじめじめした季節がやってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?競輪コンシェルジュの活動や車券の購入等、よもよもと毎日過ごしている『よもだ』のもっくんです。皆さんも、もっくんをマネてよもよもとこのじめじめした梅雨をしのいでくださいね(笑)

 さて、今回は伊藤豊明杯・デイリースポーツ杯や7月からスタートするガールズケイリンの話題などをよもよもお話したいと思います。

7月9~11日は第5回伊藤豊明杯ファンサービスも充実♪

 いよいよ間近に迫った伊藤豊明杯ですが、まず伊藤さんの功績について触れておきます。伊藤さんは昭和53年に松山競輪場でデビュー、2,456戦して405勝、そのうち優勝は64回しています。衝撃的だったのはデビュー戦でいきなりの完全優勝を果たしたことですね。それ以後、昭和57年には高松宮杯を制しGT初優勝、61年にはオールスターで井上茂徳、中野浩一などそうそうたる面々を抑えGT2つ目のタイトルを手中に収め、さらに63年には、第1回共同通信社杯で優勝と特別競輪のタイトルを3つ獲得しています。また、地元の松山記念は5回優勝と最多優勝回数を誇っています。あと、第2回のよもよも話の中でも紹介したんですが、私の記憶の中に鮮明に残っているレースがあるんです。競輪界のハイセイコーと謳われた岩崎誠一選手(青森)との松山競輪場でのレースなんですが、伊藤さんが岩崎選手に激しく競りかけフェンスまで押し上げたんです!あの気迫というかガッツというか、本当に彼のモットーでもある“勝負を最後まで諦めない”すごい選手だと感じました。

 このようにゲリラ戦法で偉大な戦績を残した伊藤さんの功績を称えるために始まったのが伊藤豊明杯です。今回の開催で第5回になるんですが、歴代の優勝者を紹介すると、第1回が白戸淳太郎選手、第2回が谷津田将吾選手、第3回があの深谷知広選手そして、第4回が明田春喜選手です。地元愛媛の選手がまだ優勝してないんですよね(悲)。去年は、溪飛雄馬選手(86期)があと一歩のところまで行ったんですが・・・。今回も伊藤さんの2番弟子にあたる梶應弘樹選手(57期)が出場するのでぜひ彼に期待したいですね。 ファンサービスも充実していて、ラッキーカードプレゼントではなんと伊藤さんのサイン入り松山競輪オリジナルTシャツ、伊藤豊明杯オリジナルクオカード、もちろん伊藤さんのサイン入り等、僕も欲しいものばかりです。詳しくは、松山競輪のホームページに掲載されますのでぜひチェックしてみてください!!

『ガールズケイリン』に地元・松尾智佳選手も参戦♪

 いよいよ7月から平塚でガールズケイリンが始まります。全国で33名の選手が1年間の厳しい訓練を経てデビューしますね。京王閣で第2戦が行われる予定ですが、愛媛からも草創期からのメンバー、松尾智佳(ともか)さんがデビューしますね。私もつい先日、新人紹介で松尾選手と初めて対面したんですが、小柄な方でとてもかわいらしいんですよ(笑)。外見からは競輪選手という感じがしないんですね、今どきの女の子というか(笑)。前評判では、松尾選手は位置取りの上手さは高いレベルにあるとのこと。前述の伊藤さんいわく、脚力を鍛えてトップスピードを上げることでガールズケイリンの上位選手、加瀬加奈子や中村由香里選手らとも戦えるのではないかと分析していました。新人紹介の時にも「グランプリが開催されるなら必ず出場したい」と熱く意気込みを語っていたので、彼女には期待できますよ。それと、皆さんはご存知かどうか分からないのですが、昭和24年から女子競輪は行われており、33年でしたか、私が学生の時に東京で女子競輪を実際に観戦したことがあるんです。残念ながら年々選手が減り続けたため、39年には終了してしまいました。ですから、私にとって『ガールズケイリン』は競輪界の新しい風という側面とともに懐かしさを感じるものでもあります。この『ガールズケイリン』が起爆剤となり、停滞する競輪業界全体によい影響をもたらしてほしいと切に願っています。

ぜひ愛媛へ もっくんのおすすめスポット夏編

 夏に向かってますます暑くなると思いますので今回は避暑地をご紹介します。愛媛は自然が豊富ですので避暑にはもってこいなんですよ。県外の人もドンドン遊びに来ていただけたらうれしいです。では、さっそく♪

おすすめスポットその1
面河(おもご)渓谷です。松山市内から車で2時間ほどの場所で、西日本最高峰の石鎚山の南麗に位置します。四国最大の渓谷で雄大な自然美と渓流の涼やかさを感じれる場所です。

おすすめスポットその2
瓶ヶ森(かめがもり)です。四国山地西部の石鎚山脈に属する山で、多くの登山道が整備されていて駐車場からも気軽に登山できます。私も妻と出かけたのですが妻が登山を楽しむ間、僕は車で待機してました・・・(笑)。

おすすめスポットその3
滑床(なめとこ)渓谷です。愛媛県の南部にある渓谷で、“日本の滝100選”にも選出されている『雪輪(ゆきわ)の滝』があります。滝をウォータースライダーのように滑り降りる風景がよくニュースでも取り上げられていますが、想像しただけでも涼しくなりますよね。

おすすめスポットその4
大野ヶ原です。日本三大カルストの1つ、四国カルストの西部に位置する草原ですが、標高1000mほどのところにあるので涼しいんですよ。牛の放牧も行われていて牧歌的な雰囲気も味わえますよ。

 もっくんのおすすめスポット夏編はこんなところですね。皆さんぜひ愛媛に遊びに来てくださいね。もちろん松山競輪場もよろしくお願いします。