宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第10回『もうすぐナイター競輪編』

 皆さん、ご無沙汰しております。このコーナーも早いもので10回目を迎えるんですねぇ。これを一区切りにこれからも20回・30回と続くよう、“よもだ”のもっくんなりによもよも頑張っていきたいと思いますので、引き続きご愛読いただければ幸いです。

 さて、今回はいよいよ11月21日から3シーズン目に突入する『瀬戸風ドリームナイトレース』を中心に、よもよもお話したいと思います。

瀬戸風ドリームナイトレース 3シーズン目への期待

 いよいよ松山競輪・瀬戸風バンクのナイター競輪『瀬戸風ドリームナイトレース』も3シーズン目に入ります。過去2シーズン、全国の競輪ファンの皆さまに楽しんでいただき、また今年の7月にはサマーナイトフェスティバル(SNF)がこの瀬戸風バンクで行われ、ものすごい盛り上がりをみせたんで、全国の競輪ファンに定着してきたんではないかなと思います。3月までの開催になりますが、その間ナイター競輪をやっている競輪場は多くありませんから、全国のファンはいよいよ松山のシーズンが来たかと楽しみにしていただいているんではないかと思いますね。7月のSNFでは、僕らもびっくりするくらい親子連れ・カップル・女性っていうのが、ものすごく多かったんですけれども、その時に「競輪コンシェルジュ」の課外授業っていうのをやりました。ブースを設けて女性あるいは親子・カップルなどいろいろな方々、100名を超える人たちにおいでいただき、すごくうれしかったですし、そういう人たちにナイター競輪って、こんなに雰囲気が盛り上がって楽しいんだということを実感していただいたと思うんで、今シーズンはそういった人たちにも足を運んでもらえたらうれしいですね。ブースでは元副支部長の瀬形崇さんを中心に対応していただいたんですけれども、休む間もなく女性の方がやって来て競輪についていろんな質問をしたり、「このレースの買い目はどうでしょうか?」という質問まで飛んだりしましたからね(笑)。非常に楽しかったんですけれども、まぁそういうことも含めて今シーズンは女性の方・カップルをはじめ、お勤め帰りの方もお仕事が終わってから後半戦を観戦できますので、四国山地をバックにナイターのカクテル光線が映えて、とってもきれいな雰囲気が味わえる瀬戸風バンクにぜひ遊びに来ていただきたいですね。

 それと今年は難しいかもしれないんですけど、競輪だけを楽しむのではなくて今、B級グルメが全国的に非常に注目されてるんで、瀬戸風バンクへ行けばあれが食べれるなとかね、そういう楽しみが何か加わると、もっともっと瀬戸風バンクが盛り上がるんじゃないかなと思っています。手軽で安くて、楽しめるような何かあれば。僕なんかはやっぱり酒飲みですから、食べ物としては酒のつまみがいいんですけども、この競輪場の中ではお酒はダメですから、それを買って帰って、家でその日の成果や成績を反省しながら、また喜びながら(笑)、食べられるものでもいいですしね。それとこれまではカップル・女性の友達同士とか2人組を対象に、指定席の「ウェルカムシート」に先着順で12組・24名を無料招待しておりましたけど、11月21日からは5組・10名増やして17組・34名になるということを聞いておりますので、ぜひカップルや女性同士で来て、ナイター競輪の魅力を味わっていただきたいなと思いますね。

頑張れ! 地元の若手選手

 まぁ、僕も2年間、“瀬戸風バンク応援隊長”という肩書をもらって、地元の瀬戸風バンクを、あるいは地元の選手を応援しよう、ひいては四国の競輪場と選手を盛り上げようということで、四国内でも高知記念競輪や小松島FT戦でもイベントでお手伝いしたりしてきました。特に僕が頑張ってほしいなと思うのは地元の若手選手!小川祐司選手をはじめ、90期代後半、100期も出てきましたし、そういう若い人たちがどんどん頑張って、いい成績をあげれば、この瀬戸風バンクも盛り上がってくるんじゃないかと思うんですけどね。小川選手は年末のヤンググランプリ(YGP)に出場が決まったということも聞いてますので、これはうれしいニュースですよね。渡部哲男選手が優勝して以来ですからね、愛媛からは。渡部選手もYGPに優勝してグーンと全国に名前を売ってね。“愛媛に哲男あり”という存在になりましたから、小川選手にもぜひ頑張ってもらい、盛り上げてほしいですね。その渡部選手も腰を手術して長期間休んでましたけれども、復帰してきて、玉野FTで優勝!これは僕らもうれしかったですね。その後、京王閣記念では決勝には乗れませんでしたけども、成績もグングン良くなって、元に戻りつつありますね。愛媛でナンバー1の選手ですから、復活して四国のリーダーとして頑張ってほしいなぁと期待しています。

 全国的には、グランプリ(GP)も近付いて来てますけど、深谷選手の出場が決定しており、今までとは違った盛り上がりをみせるんではないでしょうかねぇ。90期後半の選手がGPに出場する時代になったんだということで、競輪界もこれから徐々に世代交代してきて、それを見るのは競輪ファンとしては楽しみですよね。ですから深谷選手に続くヤングパワーがもっともっと出てきてくれると、来シーズンへ向けても、盛り上がっていくんじゃないかな。やっぱり、どんなプロスポーツでもそうだと思うんですけども、若いスターがいるかいないかで、盛り上がるか、盛り上がらないかが決まると思うんですよね。ですから、競輪界も若いスター選手がどんどん出てきてほしいですね。

 さて、このところ僕は車券で言いますと、愛媛の特産品の“伊予がすり”なんですよ(笑)。かするばっかりなんです、高配当が。1着・2着・4着とか、1着・3着・2着とか…。もう、ほんのちょっとで高配当ゲットなんですけどね。それが少しずつ、かするんですね。“伊予がすり”ですなぁ(笑)。まぁ、車券のことは置いといて、やっぱりこのところ気温の変化というか、急にグーンと冷え込んだりとか、昼間は28・29度になったりして、やっぱり僕ぐらいの年齢になると、それになかなかついていけないというか、ちょっと鼻水が出たり、鼻風邪を引いたりとかで体調を少し崩したりということがあるんですけども、まだまだ元気ですから、今シーズンもナイター競輪では伊藤豊明さんと一緒に楽しい放送、いい情報をお伝えできればと思っています。そのためには、体調をきちんと整えて、体も心も順調じゃないとね、いい発想も浮かびませんし、もちろんいい結果も得られないんで、やっぱり体調を整えて、明るく元気に頑張りたいと思いますので、どうぞファンの皆さん、今シーズンも瀬戸風ドリームナイトレースをよろしくお願いいたします。