宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第8回『もうすぐサマーナイトフェスティバル編』

 皆さん、ご無沙汰しております。月日が経つのは早いもので今年ももう半分が過ぎ去ってしまいましたね。ということはウサギ年生まれの“もっくん”が年男でいられるのも、あと半年だけになってしまったので(笑)、『ぴょん、ぴょん、ぴょん飛び跳ねていっそう飛躍する』という年始の初心に立ち返り、暑い夏を乗り越えていきたいと思います。さて、今回は皆さんお待ちかねのサマーナイトフェスティバルや、もっくんお勧めの観光地などについて、よもよもお話したいと思います。

今からサマーナイトフェスティバルにワクワク

 いよいよ近づいてまいりましたね、サマーナイトフェスティバル。今年が7回目ですね。ナイター競輪では唯一の特別競輪なので、全国のファンが注目するレースということになりますね。瀬戸風バンクでは21年9月にオールスター競輪があったばかりで、それ以降特別競輪がこんなに早く開催できるということは非常にうれしいことですね。ただ瀬戸風バンク応援隊長として残念なのは、地元・愛媛の選手の出場がないということですね。渡部哲男選手には体を早く治して復活してほしいと思いますし、それから今地元で注目の小川祐司選手が高松宮記念杯でGTを獲った同期の深谷選手に刺激を受けてどんどん強くなって、早く特別競輪に乗ってほしいなと思いますね。

 今回、四国で唯一の出場選手が、高知の佐々木則幸選手なので、応援隊長としては佐々木選手を全面的に応援していこうかなと思っております。またSS級の選手が全員出場するということで、全国の競輪ファンはもちろんですけど、地元の競輪ファンとしても、すべてのSS級の選手が出場するレースが見れるというのはこの上ない喜びですね。それとこのサマーナイトフェスティバルの見所というのは、1日9レース制ですべて初日のレースで1着にならないと決勝に乗れないという大変厳しい制度になっていますので、初日の予選レースは激しいレースが期待できますね。他の特別競輪にはない楽しさ、面白さがあるんじゃないのでしょうかね。

 この瀬戸風バンクのナイターっていうのは、ナイター中継をしてても、ファンの方からもすごいきれいだって言ってもらえますしね。海が近くにありますので、風が季節によったら強いときもあるのですが、夏場ですとそんなに強い風っていうのはないと思うので、この高速バンクの瀬戸風バンクで非常にいいレースが期待できるのじゃないかなと思いますね。それと今回の決勝レースは聞いたところによりますと、バンク内にファンの皆さまに入ってもらって観戦していただこうという企画があるということで、これも楽しみですね。まぁ随分昔になるんですが、昭和33年・34年、競輪を始めた頃はもうスタンドがいっぱいで入れなくて、バンクの中でファンが見ていたっていうこともありましたね(笑)。中から見るというのはスタンドから見るのとは違って、ロケーションや迫力が全く違いますのでこれは楽しみの一つですよね。

 サマーナイトで期待している選手は先ほども言った四国の佐々木選手とか、中四国で言えば三宅達也選手とか、それと若い才迫勇馬選手とかにも活躍してほしいと思いますね。それとやっぱりSS級の18人ですね。9レースということは1レースに2人ずつぐらいになると思うのですが、選考順位1位が村上義弘選手ですか。村上兄弟や調子のいい武田豊樹選手とか、それから海老根恵太選手とかがどういうふうに立ち回っていくのか。あと福島勢ですね。SS級は福島が一番多いですからね、このメンバーが全員バラバラに別れるのか一緒に走ることがあるのか、選考順位で決められますから、そういうこともあり得ると思うのですがね。今から本当に楽しみで、ワクワクしています。

もっくんお勧めのスポットもたくさん

 3月にもご紹介したと思いますけど、松山といえば全国の人たちが一番お見えになっている場所が『道後温泉』ですね。“日本で最古の温泉”といわれていて、聖徳太子も訪れたという言い伝えもあるぐらいですからね。ぜひ道後のお湯に入って、競輪の前にお見えになったお客さまは、身を清めて(笑)競輪場へ来てほしいですし、競輪を楽しんだ後には疲れを癒してほしいと思いますね。それと『松山城』にも登ってほしいですね。松山の中心にあって、360度のパノラマが天守閣から楽しめますので、ぜひ道後平野をゆっくりと楽しんでいただけたらと思います。

 また今、松山で全国的に有名になっているのが『坂の上の雲ミュージアム』。これはNHKで足かけ3年にわたるドラマがありまして注目されておりますけど、ちょうど松山城の下、南側にそのミュージアムがあり、ここも全国からのお客さまが増えているそうですね。『秋山兄弟の生家』が近くの歩行町という所に再現されていて銅像が建っていますし、ここも訪れてほしい場所の一つかなと思います。

 また、せっかく夏休みですから、家族連れの方にも来ていただきたいですね。お父さんは競輪を楽しんでいただいて(笑)、お母さんとお子さんは瀬戸内海の島巡りっていうのはどうですかね。特に松山周辺でいいますと、大きな島で中島というのがありますし、あと二神島、大島、大三島などの島がありまして、ここは“しまなみ海道”という高速道路が広島までつながっていまして、車や自転車で渡ってそれぞれの島を巡って瀬戸内海の景色を楽しんでいただきたいと思いますね。それと、ゆっくりと時間が取れるという方には、たくさんの島に民宿がありましてね、僕も昔ですけど二神島の民宿に行って、釣ったばかりの新鮮な魚を頂いたこともありますし、そういえば(笑)今年も5月に今治沖にある小さな馬島という所に行きました。そこは今世帯数が20世帯ぐらいの小さな島なんですけど、そこで大きなハウスで花の栽培をしている知人がおりまして、気候もいいし潮風も吹くということで、そこの花を見に行ったんですね。そこにはホテルかなというぐらいのきれいな民宿があるのですけど、ここでも身の締まったおいしいお魚が出ました。瀬戸内海の島々にはいい民宿がたくさんありますし、釣りなんかもできますし、釣った魚を料理してもらったりできるところもありますので、ぜひご家族で瀬戸内海の島巡りをして、民宿に泊まって釣りをしていただけると、一生の思い出になるんじゃないかなと思いますね。

 それでは皆さん、7月22日・23日には子どもからお年寄りまでたくさんの方に楽しんでいただけるイベントを盛りだくさんご用意しておりますので、ご家族おそろいで瀬戸風バンクにご来場いただければと思います。スタッフ一同、お待ちしております!