宇都宮 基師(うつのみや もとし)
昭和14年9月27日、愛媛県八幡浜市生まれ。八幡浜高校から立教大学へ進学。卒業後、南海放送へアナウンサーとして入社。退職後、フリーアナウンサーとしてラジオ生番組や競輪実況中継等を経て、現在『瀬戸風バンク応援隊長』としてCS番組に出演するほか、初心者の女性を対象に分かりやすく競輪を教える『競輪コンシェルジュ』として活躍中。競輪歴○十年!! 
血液型:A型、モットー『楽しく生きる』、趣味『ケイリンの他にゴルフと公園の清掃』

第5回『今年もよろしく&お勧めの食べ物編』

 少し遅くなりましたが、皆さん明けましておめでとうございます。今年はウサギ年ですよね。実はもっくんはウサギ年生まれなんですよ、これでも(笑)。ということは、なんと今年は“年男”でございまして、ぴょん、ぴょん、ぴょん、ぴょん…飛び跳ねて、いっそう飛躍したいなと思っています。もちろん車券のほうもですよ(笑)。さて、今回は今年の抱負と、2月に初めて開催される松山競輪『まつやま農林水産物ブランド賞争奪戦』にちなみ、ブランド品やもっくんの好きな食べ物などについて、よもよもお話したいと思います。

今年も地元選手を盛り上げていきます

 昨年暮れのグランプリは、村上博幸選手が見事な突っ込みで優勝しましてね。村上兄弟を昨年一番印象に残り、MVPであると前回お話したので、そういう意味では非常にうれしかったですね(笑)。で、その日に瀬戸風バンクでも最終レース、小川祐司選手が決勝に乗ってね。優勝なるかという期待を持っていましたが、残念ながら突然雪が降ってきて、バンクコンディションがとても危険だということで競走の安全と公正を期すため、中止ということになってしまいました。全国の皆さんには大変ご迷惑をおかけすることとなり、非常に残念な締めくくりとなってしまったんですけど、今年はその分も挽回すべく“瀬戸風バンク応援隊長”として、更に頑張って地元の選手、また松山競輪を盛り上げていきたいと思っています。まぁ特に愛媛の若手選手ですね。小川選手を筆頭にたくさんいますから、番組内でも盛り上げて、大きな飛躍をしてほしいですね。あとトップクラスにいる渡部哲男選手や濱田浩司選手とかにも、今年はGTでの活躍を期待したいですね。

 また、7月22・23日には松山でサマーナイトフェスティバル(GU)がありますよね。21年9月のオールスター競輪に続くビッグレースということで、瀬戸風バンクがこの夏はカクテル光線に照らされて、大いに盛り上がるでしょうから、今から非常に楽しみですね。僕個人の目標は今年、年男でもありますので、昨年の僕の予想でGTは2勝ぐらいだったんですよ。だから今年は全勝、完勝を目指して頑張ろうと思っております。なかなかGTの決勝戦をゲットするというのは難しいですね。昨年のGPの3連複はゲットしたんですけど、3連単は取れませんでしたので、今年は3連単ですべてのGT決勝を全勝目指していきたいですね。

 また、初心者の女性に競輪を楽しんでもらおうという企画の『競輪コンシェルジュ』では、たくさんの女性の方に来ていただきました。そしてもう一度来たい、車券を買ってみたいという方が大勢いたので、当初予定していなかったんですが、実際に車券を買ってみる“中級編”を行いました。レースを見て、もう部屋中が歓声だらけで、あんなに盛り上がるとは思いませんでしたね(笑)、それだけ楽しんでもらえたと思います。この企画はまだ続いていく予定でおりますけど、他にもいろんなことを考えて、まだ松山競輪においでになったことがない人にもお越しいただき、松山のパワースポットにしてもらえればいいかなと思っております。瀬戸風バンクのある松山中央公園は環境がとてもいいですから、家族連れで来てもらって、季節のいいときにはお弁当持って公園内の芝生の上で家族で楽しんで、その間にお父さんに競輪を楽しんでもらうというふうに、家族で来ていただけるような企画もあったらいいなと思います。

紅まどんな等全国に誇れる農林水産物ブランドがたくさん

 ところで、松山には全国に誇れる農林水産物がたくさんあるんですよ。『まつやま農林水産物ブランド』と言うんですけど。2月4日~6日開催のタイトルにもなってまして『まつやま農林水産物ブランド賞争奪戦』って。“まつやまの鮮度ばつぐんおたべんか”というキャッチフレーズの下、柑橘や魚介類が今9つ認定され、全国への認知度の向上や販路・消費の拡大を目指しているんです。その詳細はこの下のアドレスからゆっくりと見ていただければと思います。中でも僕が一番お勧めしたいのが、『紅(べに)まどんな』です。これは柑橘ですけど、まあ愛媛といえばミカンどころですよね。おいしいミカンがたくさんある中で、今これがピカイチですね。この紅まどんなは今までの柑橘にないタイプのミカンで、ひとくち食べると甘い香りとジューシーな果汁が口いっぱいに広がってゼリーのような食感で、もっくんは大好きなんです(笑)。これ実は1個が600円とか700円とか、東京だともっとするらしいんですけど、めちゃくちゃ高級なんですよ。ミカン1個がこんなにするなんて、今まで経験ありませんでしたからね。収穫の時期が12月の1ヵ月ぐらいしかなく、そういう意味でも高級品で、知り合いのお店では、紅まどんなを使ったケーキを売ってるんですが、これが大人気で全国からお取り寄せがあるんですよ。僕は正直言って今まではあんまりミカンを食べようと思ったことがないんですが(笑)、紅まどんなだけは毎日食べたいぐらいなんですよ。

 あと瀬戸内海がありますから、僕は魚が好きなんです、しかも青魚が。貝類も好きで島しょ部の中島の『ぼっちゃん島あわび』とかね。お寿司も好きで(笑)、回転寿司に行くとよくあなごを注文するんですけど、『活媛あなご』なんかもいいですね。それとね小さい頃はね、いりことサツマイモで育ったんですよ。だから『瀬戸内の銀鱗煮干し』なんかもいいですね。これはぜひ子どもさんに食べさせてほしいですね。でもね、ここだけの話(笑)、一番好きなのは“豆腐”なんですよ。豆腐は朝・昼・晩食べてもいいぐらいで、絶対ないとダメですね。最近はトシを取りましたから、野菜も食べます。ナスなんかはあんまり食べなかったんですけど、最近は『松山長なす』を食べるようになりましたし、小さい頃はニンジンとか食べなかったんですが、今では大好きになりました。中年過ぎてからは野菜・魚中心になりましたね。でもね2つだけ食べれんものもありまして、それはなんと松茸とピーマンなんですよ。皆さんは松茸を“香り”って言うでしょ。でも僕にとっては“におい”なんですよ。松茸とピーマンのにおいはどうしてもダメなんですよ。でも、もっとくさいニラは食べるんですよ。だから理屈じゃなく単なる好き嫌いなんですよね(笑)。

 僕は愛媛でも南に位置する八幡浜の出身ですから、瀬戸内の小魚がお勧めで、中でも小さい時から食べていて、今でも一人で作れる唯一のものがあって、南予のほうで“さつま汁”というものがあるんです。小魚のかますとかが一番いいんですけど、焼いて、身をほぐして、そして味噌と混ぜて出汁を入れて…。宮崎とかでは冷や汁というんですかね。松山でもさつま汁を出すお店があったりするんですよ。僕のお勧めはこれですね。食欲がないときでも食べれますし、作るまでは手間暇かかるのですが、男性でもできるお金があまりかからない料理なんですよ。魚も何でもいいし、あと麦飯で食べるのがおいしいですよ。これは皆さんにお勧めなので、ぜひ愛媛にいらしたときには召し上がっていただきたいですね。